ページ内本文へ

メニューエリアへ

フッダエリアへ

ホーム 講座・教員一覧へ

堀本 佳誉

本文はここから

教員紹介

堀本 佳誉(ほりもと よしたか)
職位教 授
経歴
<学歴>
和歌山県立田辺高等学校 卒業
 
札幌医科大学保健医療学部理学療法学科 卒業
(学士;理学療法学)
 
札幌医科大学大学院保健医療学研究科修士課程
(修士;理学療法学)
 
札幌医科大学大学院保健医療学研究科博士課程後期
(博士;理学療法学)
<職歴>
釧路市療育センターわかば整肢園
 
札幌市みかほ整肢園(臨時職員)
 
札幌あゆみの園
 
北海道済生会西小樽病院・みどりの里
 
千葉県立保健医療大学
担当科目人間発達学、理学療法研究法、医療コミュニケーション、理学療法基礎評価学Ⅱ、理学療法評価学総合演習、発達障害理学療法学、発達障害理学療法学演習、理学療法治療学総合演習、臨床実習Ⅰ~Ⅴ、理学療法総合講義、理学療法研究セミナーⅠ・Ⅱ 
所属学会・日本理学療法士協会 ・重症心身障害学会 ・重症心身療育学会 ・理学療法科学学会 ・日本リハビリテーション臨床教育研究会 
研究
研究テーマ:発達障害理学療法分野の評価・介入に関する研究

【研究論文】
44.超音波画像診断装置による筋の質的評価 重症心身障害者と健常者の筋輝度の比較(原著論文)
鈴木 敦史、 堀本 佳誉、大須田 祐亮、齋藤 千春、, 近藤 健、佐藤 美和、小神 博、工藤 亨
北海道理学療法 第34巻 14-18 2017

43.大須田祐亮、堀本佳誉、今川祐子、山本のどか、北川真実、綿谷るみ、斎藤千春、鈴木敦史、近藤健、樋坂悠佳、門間美和、小神博、津川敏
風に吹かれた股関節変形の程度とおむつ交換介助の困難性との関連(短報)
日本重症心身障害学会誌 第40巻 407-411 2015

42.大須田祐亮、堀本佳誉、今川祐子、山本のどか、北川真実、綿谷るみ、高田千春、鈴木敦史、近藤健、樋坂悠佳、門間美和、小神博、津川敏
重症心身障害児(者)における骨指標間距離を用いたCobb角の推定
日本重症心身障害学会誌 第40巻 351-357 2015

41.髙橋奈津美、小玉武志、佐藤匠、津川敏、堀本佳誉、中村裕二
「朝の活動」が対象者の覚醒状態に与えた影響について(短報)
日本重症心身障害学会誌 第40巻 135-139 2015

40. 堀本佳誉、雄賀多聡、吉田晋、竹内弥彦、高杉潤、大谷拓哉、仲貴子、三和真人
超音波画像診断装置の解剖学教育への導入
リハビリテーション教育研究 第19巻 283-287 2014

39.Yoshitaka Horimoto,Yusuke Osuda,Chiharu Saito,Atsushi Suzuki,Takeru Kondo,Satoshi Tsugawa
Relationship between the degree of thoracic deformity and the angle formed by a line connecting the sternum and the spinous process of the vertebrae in individuals with severe motor and intellectual disorders
Journal of Physical Therapy Science 26: 21-23, 2014

38.大谷拓哉、竹内弥彦、吉田晋、堀本佳誉、三和真人
転倒リスクの高い高齢者の静止立位姿勢制御特性
理学療法の科学と研究 第4巻 15-18 2013

37.Yoshitaka Horimoto, Yusuke Osuda, Chiharu Takada, Satoshi Tsugwa, Naoki Kozuka, Susumu Yoshida, Takuya Otani, Makoto Miwa
Thoracic Deformity in the Transverse Plane among Adults with Severe Cerebral Palsy
Journal of Physical Therapy Science 24: 763- 766, 2012

36.吉田晋、堀本佳誉、笠置泰史、松田徹、宮崎敦子、川城由紀子、石井邦子
危険認知の経験による違い
理学療法の科学と研究 第3巻 15-18 2012

35.近藤健、大須田祐亮、髙田千春、鈴木敦史、樋坂悠佳、堀本佳誉、津川敏
重症心身障害児(者)における身長計測の検者間信頼性
重症心身障害の療育 第7巻 31-33 2012

34.大須田祐亮、堀本佳誉、髙田千春、鈴木敦史、樋坂悠佳、近藤健、小玉武志、髙橋奈津美、前田美穂、小塚直樹、津川敏
重症心身障害児(者)における重症度と胸郭変形の関係及び特徴について
日本重症心身障害学会誌35巻 471-476 2011(2011)

33.Yoshitaka Horimoto, Yusuke Osuda, Chiharu Takada, Susumu Yoshida, Makoto Miwa, Satoshi Tsugwa, Naoki Kozuka
Reliability of two protocols for measuring chest wall dimensions in the transverse plane in individuals with Severe Motor and Intellectual Disabilities.
Journal of physical therapy science 23: 221-224, 2011

32.堀本佳誉、菊池真、舘延忠、小塚直樹
Aprataxin遺伝子変異(689insT)が培養ラット後根神経節の髄鞘形成に及ぼす影響について
札幌医科大学保健医療学部紀要13号 21-27 2011

31.堀本佳誉、髙橋恵里、髙田千春、大須田祐亮、吉田晋、小塚直樹、三和真人
発達障害理学療法分野で使用している評価法に関するアンケート調査-教育現場と臨床現場の比較-
理学療法の科学と研究2巻 19-25 2011

30.三和真人、雄賀多聡、吉田晋、堀本佳誉、竹内弥彦
下肢筋力発揮時の運動単位動員に関する解析ソフトウェアの開発
理学療法の科学と研究2巻 31-36 2011

29. Yuji Nakamura, Yasuhito Sengoku, Sonomi Nakajima, Toshio Ohyanagi, Kosuke Sugama, Yoshitaka Horimoto, Nobutada Tachi
Study of Visual Function Evaluation for People with Severe Motor and Intellectual Disabilities Utilizing Near-Infrared Spectroscopy
Asian Journal of Occupational Therapy 8: 13-19, 2010

28.大須田祐亮、堀本佳誉、髙田千春、近藤健、須鎌康介、小玉武志、佐藤匠、山田貴子、小塚直樹、津川敏
重症心身障害児(者)に対するCT画像を用いた胸郭変形の定量的評価方法の信頼性
日本重症心身障害学会誌35巻 385-390 2010(2010)

27.髙田千春、堀本佳誉、小玉武志、大須田祐亮、前田美穂、本間直子、津川敏
SRCウォーカーを用いて前傾座位を日常生活で行えるようになった一症例
重症心身障害の療育 5巻 75-77 2010(2009)

26.堀本佳誉、大須田祐亮、髙田千春、前田美穂、小玉武志、髙橋奈津美、鈴木敦史、小塚直樹、津川敏
CT画像を用いた胸骨と脊柱のねじれの定量的評価方法(Green Village Method)-検者内、検者間の再現性および信頼性の検討-
日本重症心身障害学会誌 34巻 429-434 2009(2009)

25.中村裕二、仙石泰仁、中島そのみ、堀本佳誉、須鎌康介、津川敏
多チャンネル近赤外線分光法を用いた重症心身障害児(者)に対する視覚機能評価の試み
重症心身障害学会誌 34巻 421-427 2009(2009)

24.堀本佳誉、菊池真、大須田祐亮、舘延忠、小塚直樹
Aprataxin遺伝子変異(689insT)が認められた眼球運動失行を伴う失調症(Ataxia–oculomotor apraxia;AOA1)患者の臨床症状
理学療法学 36巻 317-323 2009(2009)

23.堀本佳誉、髙田千春、大須田祐亮、須鎌康介、小玉武志、髙橋奈津美、佐藤匠、前田美穂、山田貴子
臥位保持具の使用により呼吸器疾患の発生頻度が減少した一事例
重症心身障害の療育 4巻 213-215 2009(2009)

22.髙田千春、堀本佳誉、大須田祐亮、福田盛雄、須鎌康介、小玉武志、髙橋奈津美、竹内孝子、千葉峻三、中村裕二、小塚直樹
重症心身障害児(者)の非対称変形に対する理学療法効果の比較
日本重症心身障害学会誌 33巻 361-367 2008

21.中村裕二、小玉武志、堀本佳誉、須鎌康介、高田千春、高橋奈津美、竹内孝子、千葉峻三、中島そのみ、仙石泰仁
重症心身障害児(者)に対する唾液アミラーゼ活性値評価の試み(第2報)-Snoezelen様の環境設定との関係-
日本重症心身障害学会誌 33巻 121-126 2008

20.小玉武志、中村裕二、堀本佳誉、須鎌康介、高田千春、高橋奈津美、竹内孝子、千葉峻三、中島そのみ、仙石泰仁
重症心身障害児(者)に対する唾液アミラーゼ活性値評価の試み(第1報)-快ストレスとの関係-
日本重症心身障害学会誌 33巻 113-119 2008

19.堀本佳誉、高田千春、樋室伸顕、市川明日香、中村裕二、小塚直樹、竹内孝子、諸星輝明、千葉峻三、菊池真
側臥位が非対称性変形の改善に及ぼす影響
日本重症心身障害学会誌 31巻 279-282 2006

18.堀本佳誉、高田千春、樋室伸顕、市川明日香、中村裕二、小玉武志、小塚直樹
凸側上の側臥位の実施時間が重症心身障害児・者の呈する非対称性変形の改善に及ぼす影響
北海道理学療法 23巻 33-36 2006

17.樋室伸顕、堀本佳誉、高田千春、市川明日香、中村裕二、小塚直樹
Passive Range of Motion Exercisesが重症心身障害児・者の非対称性変形に与える短期的効果についての検討
北海道理学療法 23巻 37-41 2006

16.市川明日香、堀本佳誉、高田千春、樋室伸顕、中村裕二、小塚直樹
体幹のストレッチングが重症心身障害児・者の非対称性変形に与える短期的な効果の検討
北海道理学療法 23巻 42-45 2006

15.堀本佳誉、高田千春、樋室伸顕、市川明日香、中村裕二、小塚直樹、竹内孝子、諸星輝明、千葉峻三、菊池真、佐藤拓也、佐々木智教、佐々木悠子
重症心身障害児・者の呈する非対称性変形の計測法 -Goldsmith法による評価の信頼性-
日本重症心身障害学会誌 30巻 287-290 2005

14.菊池真、舘延忠、小塚直樹、二宮孝文、小林正裕、堀本佳誉、内田英二、佐々木公男、辰巳治之、武田秀勝
ホルマリン固定組織からのDNA抽出法とPCR法による遺伝子解析
札幌医学雑誌 74巻 39-44 2005

13.菊池真、小塚直樹、舘延忠、内田英二、仙石泰仁、堀本佳誉、武田秀勝
先天性筋強直性ジストロフィー症における3塩基反復配列(CTGリピート)数と筋組織所見の関係
総合リハビリテーション 33巻 167-173 2005

12.堀本佳誉、小塚直樹、舘延忠、菊池真
aprataxin遺伝子変異698insT患者の小脳症状、末梢神経症状に関する報告
北海道理学療法 22巻 58-62 2005

11.菊池真、小塚直樹、舘延忠、堀本佳誉、内田英二、仙石泰仁
先天性強直性ジストロフィー症における3年間の筋力変化
北海道理学療法 21巻 69-73 2004

10.菊池真、小塚直樹、内田英二、仙石泰仁、堀本佳誉、大屋一博、武田秀勝、舘延忠
父親由来小児筋強直性ジストロフィー症に関する研究
札幌医科大学保健医療学部紀要 6号 43-48 2003

9.樋室伸顕,小塚直樹,荒井寿子,堀本佳誉,西部寿人,横井裕一郎、石倉昇子
脳性麻痺痙直型両麻痺児の立ち上がり動作分析
北海道理学療法 19巻 68-72 2002

8.荒井寿子,小塚直樹,樋室伸顕,堀本佳誉,小田中芳子,西部寿人,横井裕一郎,石倉昇子
脳性麻痺痙直型両麻痺児の上下肢機能評価  
北海道理学療法, 18 : 12-18, 2001

7.堀本佳誉,小塚直樹,村上新治
膝位置覚検査としての位置会わせ法―設定肢の固定方法の違いが合わせ肢に与える影響― (修士論文)
札幌医科大学保健医療学部紀要 第3号 101-108 2000

6.高橋祐子,小田中芳子,小塚直樹,堀本佳誉,小島悟,樋室伸顕、荒井寿子,小河原篤
小児の運動発達と神経学的微徴候
北海道リハビリテーション学会雑誌 28 25-30 2000

5.小塚直樹,堀本佳誉,舘延忠,仙石泰仁,吉本亨,牧野マキ,佐藤拓也,中村裕二,上田希
精神運動発達遅滞を伴った低身長症の1例. 
北海道理学療法 16 107-111 1999

4.辻村千鶴子, 山崎延介, 堀本佳誉, 小塚直樹, 高橋祐子, 小田中芳子
発達に伴い変化する重心動揺の周波数解析 
北海道リハビリテーション学会雑誌, 27  23-28, 1999

3.高畠香苗,小塚直樹,高橋敏雄,辻村千鶴子,堀本佳誉
運動発達に伴う身体動揺に関した平衡機能の特徴 
北海道理学療法, 15 : 78-83, 1998

2.小塚直樹, 高橋敏雄, 高畠香苗, 堀本佳誉, 辻村千鶴子, 小島悟
神経学的微徴候検査における歩行の定量解析 
理学療法の医学的基礎, 2(2) : 15-22, 1998.

1.高橋敏雄, 高畠香苗, 小塚直樹, 堀本佳誉, 辻村千鶴子、小島悟
運動発達に伴う神経学的微徴候に関する研究
北海道リハビリテーション学会雑誌, 26 : 15-21, 1998.

【総説】
2.吉田晋、堀本佳誉、清水栄司
精神障害のある子どもの運動
体育の科学 59巻 825-8 2009(2009)

1.小塚直樹、西部寿人、樋室伸顕、大須田祐亮、堀本佳誉、横井裕一郎
評価に基づいた理学療法:小児「脳性麻痺」
理学療法学 36巻 232-235 2009(2009) 
電子メールh-yoshitaka@hoku-iryo-u.ac.jp 
その他
 

本文はここまで


フッターはここから