ページ内本文へ

メニューエリアへ

フッダエリアへ

ホーム 講座・教員一覧へ

精神保健福祉コース

本文はここから

講座概要

コースの教育特色
 
精神保健福祉コースでは、社会福祉関係の機関・施設において相談援助業務を担当できる基礎的な能力を身につけたうえで、精神障害者の疾病や障害の医学的・心理学的・社会学的な理解を深め、精神科病院や精神障害者の社会復帰関連施設において相談援助を行う精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)を育成しています。
 なかでも、本学の精神保健福祉士養成の特色としては、少人数制による決め細やかな教育をあげることができます。3年生の後期から始まる精神保健福祉援助実習ではグループ学習の形態を多く取り入れ、4名の専任教員が実習指導を行っています。また、実践能力の高い精神保健福祉士養成のために、統合失調症やアルコール依存症の当事者、家族会に所属する家族、各種機関のPSWなどを外部講師に迎えて講話をいただくほか、精神科病院や社会復帰関連施設などへの見学の機会を設けています。さらに、面接技術・SST(社会生活技能訓練)・心理教育・グループワークなどの専門援助技術について実践的な理解を深められるよう、その内容に習熟した講師によって授業展開しています。
 毎年、本コースを履修した卒業生の多くが精神保健福祉士の資格を取得し、現場で活躍しています。現在では、経験年数を重ねた卒業生が、実習学生のスーパーバイザーとして実習教育に携わるケースも増えてきており、現場と大学とのさらなる連携を進めています。

お知らせ・更新情報

rssRSS

お問合わせ

  ー


本文はここまで


フッターはここから