ページ内本文へ

メニューエリアへ

フッダエリアへ

ホーム 講座・教員一覧へ

地域保健看護学(地域看護学)

本文はここから

沿革

平成5(1993)年
看護福祉学部看護学科開設と同時に発足。深山智代教授着任。
工藤禎子(1993年~現在)、三国久美着任。
平成9(1997)年4月
看護福祉研究科開設とともに博士前期課程の教育を開始。
桑原ゆみ着任(1997年~現在)。
平成11(1999)年4月
博士後期課程の開設。当別町保健師、当別町社会福祉協議会、住民スタッフとの共同プロジェクト「閉じこもり予防のための小地域ネットワーク型活動の試み」
 (財団法人「北海道高齢者問題研究協会」による調査研究事業)を開始。
西当別地域における「かすみ草の集い」月1回に参加。
平成16(2004)年
深山智代教授退職(1993~2004年、長野県看護大学学長へ)
平成21(2009)年
三国久美、母子看護学講座へ異動。
竹生礼子、明野聖子着任(2009年~現在)。
平成22(2010)年
川添恵理子着任(2010年~現在)。
新カリキュラム「在宅看護論」等の授業科目開始。
平成24(2012)年 
・学部カリキュラム改編により、保健師国家試験受験資格のための教育を
 保健師課程として開始することになりました。
・大学院修士課程では、現在、5名の大学院生が学んでいます。
・「保健師の会」として、地域や在宅での支援に関心のある卒業生・院生・
 修了生が学び合う学習会を開始しました。
平成26(2014)年度
保健師養成コースの3年次カリキュラムスタート.
平成27(2015)年
保健師養成コースの4年次カリキュラムスタート.
桑原ゆみ退職(1997~2015年、札幌医科大学へ)。
川添恵理子講師へ昇進.
平成28(2016)年
田中裕子着任(2016~)。

本文はここまで


フッターはここから