ページ内本文へ

メニューエリアへ

フッダエリアへ

ホーム 講座・教員一覧へ

生体機能・病態学系 臨床口腔病理学

本文はここから

講座概要

 口腔病理学は、主として口腔領域の疾患の病理・病態を解明する分野である。口腔の領域の疾病を理解するために、全身疾患の理解も不可欠であることから、全身をみるための教育・研究も行われている。
 当分野では臨床業務として、大学病院や他の歯科医療機関からの組織や細胞などを用いた病理診断を行い、大学病院内には「口腔内科相談外来」を開設している。
 口腔病理学は、本邦においては基礎歯学系として扱われるれていることが多いが、欧米では臨床歯学系に属している。本分野は、頭文字に「臨床」をつけ、欧米式の臨床的なスタンスを取り入れているのが特徴である。

abikonishimurasatoyoshida_20180806_133254

お知らせ・更新情報

rssRSS
2018年12月7日
Puja Neopane(院3)が第10回国際ペプチドシンポジウム/第55回ペプチド討論会においてJPS Excellent Poster Presentation Awardを受賞しました
詳細
2018年11月17日
助教・吉田光希が第66回国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会において、JADR/GC Young Investigator Award 2018を受賞しました
詳細
2018年9月14日
森川哲郎(院4)が第28回日本口腔内科学会・第31回日本口腔診断学会において、優秀ポスター発表賞を受賞しました
詳細
2018年8月24日
教授・安彦善裕がファカルティアドバイザーを担当した歯学部5年生グループが、第24回スチューデント・クリニシャン・リサーチプログラム(SCRP)日本代表選抜大会で臨床部門1位に入賞しました
詳細
2018年8月6日
ホームページを更新しました

お問合わせ

お問い合わせ下記アドレスまで
j-sato@hoku-iryo-u.ac.jp

本文はここまで


フッターはここから