ページ内本文へ

メニューエリアへ

フッダエリアへ

ホーム 講座・教員一覧へ

生命物理科学(放射薬品化学)

本文はここから

講座概要

 放射薬品化学が担当している主な講義と実習は、「無機薬化学(2年生)」、「基礎薬学I実習(2年生)」、「放射薬品学(3年生)」、「臨床分析学(3年生)」です。また、放射薬品化学の研究テーマは、「生体プローブの開発と臨床診断・治療への応用」です。放射薬品化学に配属した4、5、6年生は、これらの研究の一部を教員と共に行い、医薬品開発や高度医療に関する知識を修得し、医療人としての心構えを身につけます。

お知らせ・更新情報

rssRSS
2018年4月1日
大島伸宏 助教の研究が「科学研究費補助金 基盤 (C)」 に新規採択されました (Theranostics の精度と内照射療法の安全性を向上する放射性薬剤の開発)。
2018年3月27日
大島伸宏 助教が鹿内浩樹 助教 (本学 臨床薬理毒理学) との共同研究の成果を日本薬学会第 138 年会で発表しました。
2018年2月26日
大島伸宏 助教と鹿内浩樹 助教 (臨床薬理毒理学) と平出幸子 助教(病態生理学)の共同研究の論文がNeuropsychopharmacology Reportsにpublishされました。
2017年12月18日
大島伸宏 助教が北海道大学アイソトープ総合センター主催の CIS Workshop 2nd に招待され英語で講演しました (講演タイトル: New 111In-labeled octreotide derivatives with increased specific tumor uptake)。

お問合わせ

必須項目未入力


本文はここまで


フッターはここから